スタディプラス株式会社 コーポレートブログ

学習継続サポートアプリStudyplusを運営するスタディプラス株式会社のブログ

スタディプラスのミッションについて

こんにちは。スタディプラス株式会社、代表取締役の廣瀬です。

今回のブログのテーマは、「会社のミッションについて」ということなので、代表である僕が記事を書かせていただきます。

 

f:id:studyplus:20151125224918j:plain

 

さて、スタディプラスのミッションは、

「学習の支援を通じて、一人ひとりの可能性を拡げ、自己実現を支援する」

です。こちらについて、その意味や背景について書いていきたいと思います。

 

「学習の支援」とは?

スタディプラスは「IT×教育」、いわゆる「EdTech」の会社です。にも関わらず、「教育」という言葉を使わず、敢えて「学習の支援」という言葉を使っているのにはもちろん理由があります。

MITメディアラボの所長、伊藤穰一氏は、「AI時代(アフター・インターネット時代)の基本原則」の一つとして、”Learning over Education(教育より学習)”と述べています。誰かから教わるのが「教育」であり、自分から求めるのが「学習」です。

テクノロジーを活かした教育改革の文脈で、最も重要なことは、本質的にはこの「教育パラダイム」から、「学習パラダイム」へのシフトであると僕は考えています。ですので敢えて、「教育」ではなく、「学習」という言葉を使っています。この辺りは、語るとものすごーく長くなるのですが、とりあえずここで切り上げます。

  

自己実現とは

「自己実現」とは何か。その意味は何となくわかるような気もしつつ、改めてどんな意味か問われると難しい、そんな言葉だと思います。

 

いくつかの辞書的な定義を総合すると、自己実現とは

「個人が自己の内に潜在している可能性を最大限に開発し実現して生きること。」

簡単に言い換えれば、「なりたい自分になること」と言ってもいいのかもしれません。

 

倫理や世界史の教科書にも登場する、心理学者マズローは「自己実現理論」を定義しました。自己実現理論によると、人の欲求とは下の図のように、5段階で形成され、「自己実現欲求」は最高次の5段目に位置するそうです。

f:id:studyplus:20151203112920p:plain

 

マズローは、低階層の欲求が満たされると、より高次の欲求を欲するようになる、とも言っています。すなわち、お腹が空いたり、睡眠が足りないというような生理的部分が満たされなければその欲求を一番に求め、それが満たされれば今度は身の安全、健康といった安全の部分の欲求を求め・・・と欲求の段階を上がっていくということになります。そして、生理的欲求、安全的欲求、親和欲求、自我欲求の4つが(何かが足りない)という形の「欠乏欲求」であり、これらすべてが満たされると、人間は「成長欲求」である「自己実現」を求める、ということです。

マズローによれば、人間は究極、「自己実現」すなわち、自らの可能性を最大限に発揮して生きたいと望んでいるということになります。

 

では、どうやったら「自己実現」、すなわち「自らの可能性を最大限に発揮する」ということができるのでしょうか?自己実現の欲求が「成長欲求」と定義されているように、自己実現は「学習」を通じて達成されるとマズローは述べています。

自己実現が人生の目的だとすれば、学習は人生にとって最も重要なことであると言っても決して大げさではないと思います。

 

私たちは、すべての人の人生にとって最も重要なことの一つである「学習」を支援していくことを通じ、より多くの人が自らの可能性を拡げて豊かに生きていく、そんな社会をつくっていきたいと考えています。

 

特に、私たちはインターネットの会社ですから、テクノロジーの力を活かして、それを実現していきたいと考えています。もし、共感してくださる方がいたら、ぜひお気軽にお声がけいただきたいです。

 

次回はスタディププラスの採用情報を更新する予定です!よろしくお願いいたします。

 

・iOSアプリはこちら
https://itunes.apple.com/jp/app/studyplus-mian-qiangsns/id505410049?mt=8
・Androidアプリはこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.studyplus.android.app&hl=ja

StudyplusがGoogle Playの2015年ベストアプリに選出!

こんばんは。スタディプラス広報担当の杉本です。

 

第三回は、本日入ってきたばかりの嬉しいニュースをお伝えしたいと思います!

 

嬉しいニュースとは......

 

Android版「Studyplus」アプリが、Google Playの2015年ベストアプリに選出されました!

 

今年話題になったアプリが選出される「2015年ベストアプリ」の中で、Studyplusが選ばれたコミュニケーション&ソーシャル枠には、「Studyplus」の他に、「Twitter」「Skype」と大御所から、今話題の「みてね」や「Couples」が選出されています。そんな錚々たる顔ぶれの中、Studyplusが選出されたことは、とても嬉しくありがたいお知らせでした。

 

f:id:studyplus:20151203215313p:plain

2015 年ベストアプリ - Google Play



また、「Studyplus」はユーザーレビューは常に4点以上を維持しており、ユーザー様からもたくさんの嬉しいお言葉をいただいています!ここで、ユーザーレビューの一部をご紹介します。

 

・レイシェールさん(★★★★★)

勉強の習慣がつきました 今まで勉強なんて全然続かなかったのに、このアプリを使ってから良い感じに続いてます!これからも愛用していこうと思います。できれば学習の予定表とかが作れたら最高です。

 

・齋田いのりさん(★★★★★)

継続できるアイテム! 資料ごと(画像付き)に記録でき、ストップウォッチ機能があるので助かります。時間を気にせず集中できます。前日比や、週のグラフが見れ、勉強時間が可視化されることでもっと頑張ろうという気持ちになります!

 


**************************************************************************

 

App StoreのEssentials(代表作)選出に続き、Google Playのベストアプリにも選出いただき、本当にありがたい限りです。引き続きたくさんの方に利用していただけるサービスを提供できるよう頑張りたいと思います。

引き続き、Studyplusをどうぞよろしくお願いします。

 

・iOSアプリはこちら
https://itunes.apple.com/jp/app/studyplus-mian-qiangsns/id505410049?mt=8
・Androidアプリはこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.studyplus.android.app&hl=ja

スタディプラス株式会社の歩み

こんにちは。スタディプラス広報担当の杉本です。

 

秋も深まり、日に日に寒くなってきましたね!

私は風邪を引いてしまいましたが、みなさん風邪にはお気をつけください!

 

第二回はスタディプラス株式会社の沿革について、弊社代表の廣瀬に聞きました。



 f:id:studyplus:20151125224918j:plain

 

 

2010年3月 学生向けビジネスコンテスト「 学チャレ!」優秀賞受賞

(杉本)この受賞が、起業のきっかけになったのですよね。どのようなコンテストだったんですか?

(廣瀬)ネットプライス(現Beenos)さん主催の、インターネットの新しい事業を考えるという学生向けのビジネスコンテストです。2010年、大学3年生のときに、このコンテストで優秀賞をいただき、インキュベーションオフィス「Netprice Spot Tokyo」を1年間無料で使わせていただけることになりました。

 BEENOS株式会社

f:id:studyplus:20151125230345p:plain

http://www.netprice.com/press/news/pdf/20090827_npc_pr_netpricespottokyo.pdf

 

(杉本)いきなりすごく立派なオフィスですね!

(廣瀬)そうですね。谷駅徒歩7分くらいのところにある、30坪もあるオフィスで、しかも僕らが使わせていただいていた時は他に誰も使っていないというあり得ないくらいいい環境でした(笑)「分不相応だよね」って言いながらありがたく使わせていただいてました。 

(杉本)ちなみに、コンテストで優勝したプランは、どのようなプランだったんですか?

(廣瀬)実は、現在やっている「Studyplus」や「プラスゼミ」とかなり密接につながっているんですけど、「インターネット上の学習管理を付加価値とする家庭教師会社」というプランでした。先生は週に1、2回、ご家庭を訪問して普通に家庭教師をやるのに加え、生徒さんは毎日携帯電話で勉強記録をつけると、オンラインで家庭教師の先生が進捗管理をしてくれるという付加価値がある、というものです。実は、やりたいことは2010年の時から何も変わっていないんですよね。

 

2010年5月20日 株式会社クラウドスタディ創業

 

f:id:studyplus:20151125231857j:plain

 

(杉本)みなさん若いですね!

(廣瀬)そうですね、これ、2010年の6月くらいの写真なのですが、当時は僕も含め全員学生でした。僕の中高一緒の幼なじみの友達、大学の同期の友達、Twitterで知り合ったインターネットに詳しい学生、友達に紹介してもらったデザインの専門学校に通う学生、みたいなメンバーです。平均年齢21歳の布陣です。みんなそれぞれ就職したりして、今は別の道を歩んでますが、当初はこんな感じでした。懐かしいですね!

 

2011年3月7日 学習継続支援サービス「studylog」リリース

 (杉本)「インターネット✕家庭教師」から変わったのですか?

(廣瀬)まずは学生さんが勉強の記録をつけて、オンラインで進捗管理をするツールをつくろう、ということでやり始めたら、「これってそれだけでwebサービスとして成立するんじゃないの?」ということになりまして、家庭教師はやめました。そこで、開発してリリースしたのが「studylog」です。

 

 f:id:studyplus:20151125171113p:plain

 

(杉本)Studyplusに似てますね!

(廣瀬)「勉強の記録をつけて、グラフとして可視化する」というコンセプトは現在の「Studyplus」と同じです。

 

(杉本)なるほど、studylogはうまく行ったんですか?

(廣瀬)それが、リリースのタイミングでは、CNET(※)さんに掲載いただいたりして、そこそこユーザ数は伸びたんですけど、それ以来ぱったり。全然うまくいかなかったんですよ。

 ※CNET Japan

 

(杉本)いきなりピンチ到来ですね!

(廣瀬)いやぁ、まさにそうですよ。やっぱり、webサービスをつくって、そんなポンポンうまくいくならみんなやってるという話ですよね。でも一定の手応えというか、反響はあったので、ユーザーさんの声を聞きながら、次にどうするか考えていました。

 

 ちなみに、インキュベーションオフィスを出て、渋谷桜が丘アーバンライフというマンションの一室をオフィスとして借りたのもこの頃ですね。これが当時の写真です。

f:id:studyplus:20151126204846j:plain

 

(杉本)「Netprice Spot Tokyo」から比較するとだいぶレトロな雰囲気になりましたね!これぞスタートアップという感じがします!

(廣瀬)賃料11万円でした。マンションオフィスではありますが、初めてちゃんと自分でオフィスを借りたので、とても嬉しかったのを覚えてます。

  

2012年3月28日 学習管理SNS「Studynote」リリース

(杉本)「studylog」から「Studynote」に変更するにあたって、機能面ではどこを変えたんですか?

(廣瀬) もともと、「studylog」はSNSじゃなかったんですが、「Studynote」はSNSとしての機能を加えてリニューアルしました。

というのも、「Studynote」リリースの背景として、「せっかく「studylog」に勉強しにきているので、他の人とも友達になりたい」というユーザーの声が多かったことがありました。studylogは外部のSNS(Twitterなど)と連携していたのですが、「友達から、自慢してるみたいでいやな感じと言われたんですけど、どうにかしてください」というユーザーの意見が送られてきたことがあって。少し考えてみると、「なるほど、確かにちょっとウザいな。」と(笑)。

そういったユーザーの声を参考にして、外部SNSとの連携はやめて、サービス内で友達を作れたり、勉強記録を共有できるSNSとして、ゼロから作り直したのが「Studynote」ですね。

 

f:id:studyplus:20151125172712p:plain

 

(杉本)Studyplusとカラーが全く違いますね!全体的に緑ですし。

(廣瀬)そうそう。あとロゴにも使用してましたけど、当時はキャラクターがいたんですよ、この右端のですね。顔なしはあんまりよくないんじゃないかと、目を付けてみたり模索してたんですけど。。

(杉本)なんか某書店さんのロゴに似てませんか?(笑)

(廣瀬)それよく言われました(笑)。で、やっぱり少しダサい!ってことになって、色々経て今のロゴにやっと落ち着いた感じですね。



Studynoteロゴ      Studyplusロゴ

f:id:studyplus:20151126205247p:plain      f:id:studyplus:20151125172854p:plain

 

(杉本)StudynoteからStudyplusに名前が変わってますが、どういう経緯があったんですか?

(廣瀬)商標の関係で色々ありまして。でも、結果的により良い名前になったのでよかったと思っています。Studyplusにサービス名を変えたおかげで、高校生を中心に「スタプラ」と呼んでいただけるようにもなりました。

 

2012年8月6日 「Studyplus」iOS版をリリース

(杉本)ここでやっとiOS版がリリースなんですね。

(廣瀬)web版からリリースしたのですが、リリース当初はまったく会員数が伸びず、資金も尽きかけて非常に危ない状況でした。iOS版リリースからは特に目立ったプロモーションを行ったわけではないのですが、iOSの教育カテゴリでは上位をキープし、除々に伸びていきました。

 

2013年4月9日 会員数10万人突破

(杉本)このあたり、トントン拍子に会員数が増えていってますね!何か理由があるんですか?

(廣瀬)iOS版リリースも影響はしてると思いますが、この2012年~2014年という年は高校生へのスマホ普及率が劇的にアップした年だったんですよね。で、高校生が初めて持ったスマホで、関心がある分野である教育を調べると、App StoreやGoogle Playで「Studyplus」を発見する、みたいな。そういう時流に乗れたことが、会員数がコンスタントに伸びていった理由だと思います。特に「教材アプリ」はあっても、「勉強という行動自体を助けるアプリ」みたいなのは他にないんですよね。

 

2013年5月15日 株式会社ミクシィ(※)より7,200万円の第三者割当増資を実施

(廣瀬)同じSNS、コミュニケーションサービスつながりということで、ミクシィさんからも出資を受けました。

(杉本)ミクシィさん!私も高校生のときたくさん使ってたミクシィ世代です。ベンチャー企業に出資したりもしているんですね!

(廣瀬)ミクシィさんが「アイ・マーキュリーキャピタル」というVCをつくって投資を始める、という最初のタイミングで投資していただきました。

 f:id:studyplus:20151125172816p:plain

株式会社ミクシィ

 

2013年5月29日 スタディプラス株式会社に商号変更

 

f:id:studyplus:20151125172854p:plain

 


2014年3月26日 株式会社ジャフコ(※)より第三者割当増資を実施

(杉本)ジャフコさん、初めて聞きましたがどういった企業さんなんでしょうか?

(廣瀬)野村証券系の、日本で一番古くて、日本で一番大きいベンチャーキャピタルですね。

(杉本)そうだったんですか!それはすごいですね!

(廣瀬)確かにこのタイミングで、正統派で老舗の「THEベンチャーキャピタル」という感じのジャフコさんから一定の評価をいただき出資を受けられたのは大変ありがたいことです。

f:id:studyplus:20151126205938p:plain

 ※逆風を、追い風に。株式会社ジャフコ

 

2015年2月25日 会員数100万人突破

(杉本)ここで記念すべき、100万人突破ですね!

(廣瀬)「100万人」というのがベンチマークの一つでもあったのでもちろん嬉しかったですよ。特にこの100万人突破は、大学受験生のユーザーがかなり増えてきたことを意味していましたしね。

Studyplus利用者の半数は高校生なんですけど、そのうちの20万人くらいが進学希望の高校3年生なんですよね。日本で大学進学を希望している人は約60万人なので、つまり大学受験生の1/3がStudyplusを使用してくれているということです。そういった数字を見るとやっぱり素直に嬉しいですし、一方で重要な役割として責任感も感じますね。

 

2015年5月8日 フェムトグロースキャピタル(※1)、朝日新聞社(※2)より1億8500万円の第三者割当増資を実施

(杉本)フェムトさんはどんな企業さんですか?

(廣瀬)磯崎哲也さんという著名な会計士の方と、新生銀行さんが共同で運営しているベンチャーキャピタルです。

(杉本)知りませんでした、勉強しておきます!朝日新聞さんはなぜ出資してくれたんですか?

(廣瀬)朝日新聞さんは、大学受験でもっとも出題率が高い、受験に強い新聞なのと、今後教育系の新規事業にも力を入れて行かれるという中でご出資いただきました。

 

 

f:id:studyplus:20151126210122p:plain

※1 Femto Growth

 

f:id:studyplus:20151125175818p:plain

※2 朝日新聞社インフォメーション

 

****************************************************

 

第2回はスタディプラスの沿革についてご紹介しました。

わたしも10月に入社したばかりで、初めて聞く話もとても多かったです。

立ち上げから5年を経て、社名、ロゴ、メンバーなど変わってないものがないのではないかというくらいに大きく変化を重ねてきたところは、やはりベンチャー企業だなぁと思いました。前職の大企業とは色々な面で違います。

一方で、そんなスタディプラスですが、「学習の支援」という点で、やりたいことは創業から一貫しているんだなと感じました。


それでは次回は、スタディプラスのミッションとその想いについてお伝えする予定ですので、よろしくお願いいたします!

 

 

学習管理アプリStudyplusについて

こんにちは。スタディプラス広報担当の杉本 絢(すぎもと あや)です。

「学習の支援を通じて、社会をよりよくする」というスタディプラスのミッションに共感し、今年10月よりスタディプラスにジョインしました。

教育業界についてはまだまだ素人のわたしですが、日本の教育環境の進歩に少しでも役立つ仕事ができるよう日々勉強していきたいと思っています。

 

これからこちらのブログを通して、スタディプラス株式会社についての様々な情報を発信していきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします!

 

f:id:studyplus:20151124171923p:plain

 

 

第一回は、スタディプラスが提供するサービス、「Studyplus」< http://studyplus.jp/ >についてお伝えします。

 

・Studyplusとは?

学習の自己管理や、勉強仲間との交流によって、勉強を楽しく継続できるサービスで、現在iOSアプリ、Androidアプリ、webで展開しています。

 

勉強に限らずですが、何かを成し遂げようとするときに、まずは「継続する」ことがとても大切ですよね。でも勉強の継続は多くの人にとって最も難しい課題でもあります。

 

Studyplusは、多くの人が抱える課題「勉強の継続」に対し、勉強記録やソーシャル機能によって、勉強を楽しく習慣づけることができるというサービスを提供しています。

 

f:id:studyplus:20151120132404p:plain



・高校生に日本一使われている勉強系アプリ

現在Studyplusのユーザーの半数以上が高校生、そのうち約6割は高校三年生となっています。そして高校三年生の進学希望者の3人に1人がStudyplusを使用しています。

サービス開始時から口コミで徐々に広まっていき、会員数は2015年11月現在で140万人を超え、昨年行われた調査では、高校生がよく使う勉強系のアプリランキングで1位に選ばれました。(「高校生価値意識調査2014 」リクルート進学総研調べ)

 

f:id:studyplus:20151124184542p:plain

 

 

また、App Storeにおいては、「ヤフオク!」や「Evernote」と並んで「Essentials」(代表作)にも選出されています。



・Studyplusの使い方

Studyplusの機能は大きく分けると(1)勉強記録機能(2)グラフ機能(3)ソーシャル機能の3つが挙げられます。

 

(1)勉強記録機能

勉強中の教材を登録し、勉強時間・ページ数を記録することができます。

 

f:id:studyplus:20151120171855p:plain



(2)グラフ機能

勉強の記録、量がグラフとなります。

 

f:id:studyplus:20151120171921p:plain

 

グラフとして可視化されることで、勉強の進捗が一目でわかるようになります。

自分の学習状況を具体的に把握できるので、今後の目標や改善策も立てやすくなりますね。

さらに自分の勉強記録だけでなく、他のユーザーの勉強を見ることもできますので、お互いに刺激し合いながら勉強を進めることができます。

 

 

(3) ソーシャル機能

勉強仲間とコミュニケーションできるSNSになります。

 

f:id:studyplus:20151120171942p:plain

 

同じ教材を使用している人と繋がったり、志望校、タグなどで他のユーザーを繋がることも出来ます。

 

一般的に「勉強=一人黙々とするもの」というイメージがまだまだ強いですが、Studyplusがあればお互いに励まし合いながら勉強が続けることができますね。

 

また、友人やクラスメイトには「これだけ頑張った!」と大きな声で言いづらいけれど、スタディプラス内の同じ目標を持った勉強仲間だからこそ、素直に頑張っているところを共有できるという方も少なくないようです。



*******************

 

第一回は、スタディプラスのサービス「Studyplus」について、ご紹介させていただきました。

 

現在Studyplusの会員の割合としては、学習が身近な高校生が半数以上を占めています。ですが、高校生に限らず、大学生や、仕事との両立で学習の継続が難しい社会人の方にも幅広くご利用いただいており、今後もより多くの学習者を支援していきたいと考えています。

スタディプラス株式会社の会社、サービス、社員やその想いについて、引き続きこちらのブログで発信していきたいと思いますので、

これからもどうぞよろしくお願いいたします!